夫婦の夜の営みの減少についてとそれに関する考察について

夫婦については、1か月に1度以上の夜の営みが必要であると考えます。なぜなら、長期にわたって夫婦の営みがない状態が続くとそれが普通になり、いざやろうと思っても夫か妻のどちらかの意志がついていかないことがあるからです。しかしながら夫婦の夜の営みが減少しているというのもまた事実であると思われます。

時代が女性を輝ける社会にというように、男女同権を強烈に進めておきながら、こと夫婦生活の分野においてはまだ男性から誘うものであるといった風潮があります。ですから、普段の生活で女性より積極的にということを求められていないのに、夫婦の夜の営みだけ積極的にと言われても男性はなかなか応じられないと考えます。

潤滑ローション:PR>

そのため、時代や男女の思考は変わらないにもかかわらず、強烈に女性の社会進出を推し進めた結果が、最近の少子化ならびに夫婦の夜の営みの現象であると考えます。男性からも誘いにくいだけでなく、女性も疲弊していて応じられない場合があります。たとえば、家事や育児をしながら仕事をしている場合はとても夜の営みをできるほどの元気が女性にない場合もあります。男性についても長時間労働が当たり前になっていたり、そのような女性に慎重になるあまり誘えなかったりといった事態がこのような結果を招いていると思われます。

今後は、男女ともにワーク・ライフ・バランスをしっかり考慮した職場環境であるとか、さらに男女の性に対しても時代にあわせて思いを変えていくことが必要ではないかと考えます。